2008年03月06日

最後の講座

彩の国 観光創造塾の最後の講座が先日あり、深谷旅行ツアーを作成し発表して終了となりました。手(パー)手(パー)(パチパチ)
私たちのグループの旅行ツアーは、渋沢栄一が幾つもの会社の創始者であるということに絞り、ターゲットを限定しました。(簡単にいうと…そして、それなりの評価はもらったと想います。わーい(嬉しい顔)
勉強になった1つは、渋沢栄一の人生の中には統幕・徳川家家臣・明治政府官僚・実業家と、目まぐるしい経歴と共に江戸時代・明治時代を行きぬいた人物であるであるから、ストリー性を持たすことによりもう少しターゲットを広げられるのではないかという講師の先生のアドバイスでした。

 ☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆

桶川の紅花でよく聞かれる事は、「なんで桶川が紅花なのexclamation&question」と、「江戸時代に山形に次いで、2番目の集散地だった」と答えますが…
渋沢栄一さんじゃないけど、
いま、べに花をどのように伝えていくかを考えなくてはいけないのではではないかと…

桶川のべに花のいまは、
べに花を栽培する方がいて、切花を販売する人・べに花を商品化して販売する人・写真を撮る人・絵を描く人・詩を書く人・物語を作る人・PRする人・観にきてくれる人・無駄な事だという人etc
とにかく、
桶川で“べに花”に関わる人のなんと多いこと
これがとても大事であるということexclamation&question
みんなを夢中にさせ・考えさせられる
もの(べに花)が桶川にあるという事がすばらしいのではないかと
自信をもって
「桶川が、べに花によって絆をふかめ和を広げているのは確かだと想う」と揺れるハート
posted by 桶川市観光協会 at 02:23| Comment(0) | 彩の国観光創造塾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: