2017年04月06日

せんべいと醤油

坂巻醤油 せんべい.JPG

4月1日(土)

城山公園さくらまつりが開催されました。
当日
こちらも初の体験コーナー設置
坂巻醤油さんのせんべい焼き
炭火で焼いた煎餅に
坂巻醤油の醤油をはけで塗り
完成黒ハート
1枚50円で
レストランとてもおいしい体験ができました。

posted by 桶川市観光協会 at 14:57| Comment(0) | さくら

勢至堂 さくら

勢至堂1 .JPG

image2.JPG




4月5日(水)
勢至堂のさくらです。
勢至堂 高台から見る景色もいいですよ!
さくらが満開になったら
絶景かもわーい(嬉しい顔)
posted by 桶川市観光協会 at 14:38| Comment(0) | さくら

2017年03月01日

おけがわのいちご狩り

いちご.JPG

加藤農園さんのいちご
“もういっこ”と言う品種のいちごです。
販売はもちろん
いちご狩りもしています。
σσσσσσσσσσ
ββββββββββββ
いちご狩り(予約制)
加藤農園 桶川市坂田1518
電話1(プッシュホン) 048-728-1398
レストラン30分食べ放題
入園受付時間 11時〜15時
いちごの種類 時期によりかわります。
1月〜3月 大人(中学生以上)1500円 3歳〜小学生以下1000円
4月〜     〃     1200円 〃     800円
σσσσσσσσσσ
お出かけしてみてはいかが

もういっこ:サイズが大きく果皮は鮮やかな紅色、果肉も淡い赤色。
甘酸適和のスッキリとした甘さです。
もういっこという名前は、おいしくて1つ食べると、
つい「もういっこ」食べてしまうことから付けられたそうです黒ハート
posted by 桶川市観光協会 at 17:00| Comment(0) | まち歩き

2017年02月22日

おけがわのおひなさま

IMG_2990.JPG

中山道宿場館のおひなさま
町の方から寄贈していただいたおひなさま

おりがみのおひなさま つるしびなを
展示中
自分で作って楽しめるおひなさまを
展示しています(o^^o)
posted by 桶川市観光協会 at 15:54| Comment(0) | まち歩き

おけがわのおひなさま

IMG_2975.JPG

べに花ふるさと館のおひなさま

つづら家に伝わるおひなさまです。
ギャラリーに展示中です

posted by 桶川市観光協会 at 12:03| Comment(0) | まち歩き

2017年02月07日

オケちゃんボールペン

IMG_2954.JPG

大人気
オケちゃんボールペン
新柄追加しました。
和をイメージしてみました
大丸2大丸2 大丸2大丸2 大丸2大丸2
入り違いで購入しては
いかがでしょうか黒ハート
posted by 桶川市観光協会 at 19:47| Comment(0) | オケちゃん

2017年02月05日

山伏 前行

IMG_2917.JPG

初めての
前行で
中山道宿場館へ来る途中の様子
カメラ
この後
中山道宿場館の前で
お浄めをしていただきました。
posted by 桶川市観光協会 at 16:59| Comment(0) |

2017年01月26日

本学院の節分会

DSCF0774.JPG

本学院の節分会、採燈大護摩供
2月3日(金)16:30〜
山伏の寺本学院にて開催
前作法…山伏問答・修祓・法斧作法・法剣作法・法弓作法
採燈大護摩供

今年の節分はぜひ桶川へ
★中山道宿場館2階で写真展示しています。(昨年の様子)
posted by 桶川市観光協会 at 16:45| Comment(0) |

2016年12月21日

okecyan オケちゃんカレンダー2017

1月.jpg

オケちゃんカレンダー2017
販売中exclamation
今年のカレンダーは
オケちゃん おすすめの桶川を紹介してます
1部…500円
お早めに
posted by 桶川市観光協会 at 16:35| Comment(0) | オケちゃん

2016年09月27日

企画展 平将門

Δ▼△▼   Δ▼△▼   Δ▼△▼
【企画展】「平将門−文学は史実を越えて−」
[会期]平成28年10月1日(土)〜11月27日(日))
   10:00〜17:30(観覧受付は17:00まで)
[会場]さいたま文学館 企画展示室
[観覧料]一般210円 学生100円

くわしくは『さいたま文学館』HPみてね
http://www.saitama-bungakukan.org/

ぜひ 足を運んでみましょう黄ハート

Δ▼△▼   Δ▼△▼  Δ▼△▼
posted by 桶川市観光協会 at 11:11| Comment(0) | さいたま文学館